討議資料

琉球新報2013年11月13日

県、海洋資源を調査 商業化へ可能性探る
県は沖縄近海の海洋資源について開発、利用の可能性調査に乗り出す。沖縄近海では今年、沖縄本島から北西の沖合約100キロの海底下で、銅や鉛、金などの金属が堆積した「海底熱水鉱床」が発見されるなど豊富な資源量が注目を集めている。

海洋資源

かりゆしクラブ(琉球独立運動資料館)のトップへ行く