インスペクタープラス、インスペクターUSB、アラート 米国本社純正品 格安 年中無休

国内唯一、安心の一年保証店舗販売 ¥128,000
サポート電話対応年中無休 10:00〜22:00  

インスペクタープラス及びインスペクターUSBは製造が終了し数年経っており、当社の修理やサポートも終了しております。
現在は仕様と機能がほぼ同じ下記インスペクターアラートを販売しております。

商品説明ご注文方法お支払い・配送について特定商取引法に基づく表示

インスペクターUSB販売


インスペクターアラート
Inspector alret(インスペクターアラート)
新品 ¥128,000(消費税別、送料サービス) 店舗渡し可 売り切れの際はご容赦ください。保証期間は1年です。
電話 0475-34-5552
サンアロー通商株式会社

当社ショールームにて実際にインスペクター+の現物サンプルをご覧頂いて操作のしやすさを確認して頂けます。国内では多分当社のみ。空中線量や野菜その他色々な物を測って頂くことができます(要予約)。 当社は年中無休で朝10時から夜10時まで電話対応しております。来店案内・アクセス 内部被ばく防止の観点から、有害なα線が測れる線量計、としてお役に立ちます。プルトニウムは重いから飛散しないというウソが最近の報道でばれました。当社の社長は当初から指摘していますが、実はアルファ線を出すラジウム、ウラン、プルトニウムなどが関東一帯にもかなり拡散しています(公式には発表されていませんがこれもその内ばれるでしょう)。露地栽培のものにも大量に入っています。当社に来て頂ければ証拠をお見せ致します。放射線遮蔽用の鉛ブロックも販売中です。


 当店定価¥138,000
インスペクタープラスはα線β線γ線が測れるガイガーカウンターのトップブランドです。 (※左のロゴ無断使用禁止)

当社で販売しているインスペクタープラスは日本政府国土交通省のガイドラインに沿った、港湾においての輸出用コンテナ、貨物の放射線汚染検査の為の放射線測定器として許可された製品です。最近問題になっているコンクリートや砂、ジャリ、建材などの汚染検知にも優れています。食品などの汚染を検知する場合は下記食品等測定ノウハウマニュアルもおすすめなのでぜひご検討ください。
インスペクターUSB 新品 ¥118,000(消費税別、送料サービス) 店舗渡し可 売り切れの際はご容赦ください。保証期間は1年です。 ※メーカー生産終了のため現在取り扱いなし
価格は変更になる場合があります、ご了承ください。製品の性質上初期不良以外は交換できません。返品はできません。食品の放射線が測れないという理由では返品できませんので充分ご注意下さい。その理由→インスペクターUSBは本来、食品の放射線を計る線量計ではありません。取扱説明書にもインスペクターUSBで食品の放射線は測れるとは書いていませんし、他のサイトでも食品は測れませんとしているのが普通です。放射線は命に関わることなので、食品が測れると言って販売した場合に、放射線を検知しなかったから安全な食品だと思って被害があった場合に損害賠償が及ぶと企業は倒産してしまいます。食品は測れないと言うのが普通です。しかし食品の放射線がかなり強ければ誰にでも測れるわけで、結局、食品専用ではないガイガーカウンターでどの程度の弱い放射線まで測れるのか、線量計の感度と測る人の技術とコツによるのです。インスペクターUSBの利点は食品専用の線量計でも測れないアルファ線が測れることです。以上をご承諾した方のみご購入下さい。食品の測定は下記のインスペクターUSB食品測定のノウハウマニュアルをご購入下さい、お客様からご好評を頂いております。

◎3日以内の初期不良交換可能(日にちが過ぎますと修理対応になりますのでご注意下さい) ◎お手元に届いてから1年保証(センサー部分は3ヶ月) ◎保証外の有料修理 ◎日本語取扱い説明書 ◎校正証明書 ◎ケース ◎紙箱 ◎本体シリアルNo.入り ◎ご注意:保証期間内外に関わらず修理の場合の送料は国内往復及び米国までの往復がお客様のご負担になります。また、修理中の代替え品はありません。修理中に使用できないことによる損害は補償できません。 ◎購入後、使用法など、お電話でのご質問に対応致します。

オプション ワイプテストプレート ¥13,000(消費税別、送料サービス) 店舗渡し可 売り切れの際はご容赦ください。保証期間は購入日から1年 詳しい日本語説明書付き。インスペクターUSB本体と同時のご注文の場合は取り付けサービスも致します。(本体が特殊なインチ規格ねじで強く締め付けられておりご自分でネジを外すとネジ山を壊してしまう恐れがありますので当社での取り付けがおすすめです。)価格は変更になる場合があります、ご了承ください。製品の性質上初期不良以外は交換できません。返品はできません。



おすすめ!食品測定のノウハウマニュアル(工業用材料の粉体、液体、砂、砂利、セメントなども測れます)


インスペクタープラスノウハウマニュアル ver3.00 特価¥8,000(定価¥38,000/消費税別、送料サービス) 価格は変更になる場合があります、ご了承ください。
インスペクターUSBにもそのままお使い頂けます。

インスペクタープラスを利用して、食品その他のα線、β線、γ線の1kgあたりのベクレルを簡単に測定するノウハウマニュアルができました。
簡潔な文章でどなたにでもわかりやすいようにまとめました。
見やすく、A4で10ページほどです。1時間程度読めば方法が分かります。
電話での質問や指導に無料対応します(但し1人10分以内の2回、5分以内なら4回、計20分まで)。

くわしい内容はこちらをクリック
ガイガーカウンター 食品測定
(※左の写真無断使用禁止)

※返品やクレームは受け付けませんのでご注意ください。勘違いでご購入されても商品の性質上返品できません。
※このマニュアルを利用した結果は自己責任でお願い致します。
※返品ができない理由→このノウハウマニュアルは冊子としての“物”をお売りするのではなくあくまでも“ソフト”としての“方法”“考え方”をお売りするものです。
 商品はお客様の脳内にお届けするものです。一度、お届けすると消すことができません。従って返品できないということになります。


電話やFAXでの注文もokです、TEL 0475-34-5552 FAX 0475-34-1737 来店案内・アクセス


商品説明

インスペクター+ (Inspector plus)は、検出窓が45mmと大きく、0.001マイクロシーベルトから検出表示でき精度が高く、高レベルは勿論低レベル放射線の検出にも最適な機器で、かなり弱い放射線も拾うので、物表面の汚染検知にも適した機種です。アルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線等の放射線を測定することができます。別途放射線遮蔽用の鉛ブロックを使えばプルトニウムやウラン等のα線、セシウムやストロンチウム等のβ線、γ線等、米、果物、野菜、肉、魚など微量の食品内部汚染、工業製品の汚染の検出と測定が可能です。

家庭用、個人用、業務用の放射線測定機器として、シンプルで片手でも使用しやすく、小型タイプで女性のバッグにも入り、軽くて持ち運びが簡単で便利です。
市販の安いガイガーカウンターや政府が小学生に配っているγ線だけの線量計ではα線もβ線も測れません。問題になっているヨウ素やセシウムはβ線を出していて、猛毒のプルトニウムやウランなどはα線を出しており、γ線だけの測定ではそれらが万一大量に物に付着していても全く分からず大変危険です。また市販の安いガイガーカウンターでは検出窓が小さく、インスペクタープラスの10分の1から100分の1程度の検出能力しか有りません、北海道や沖縄の微弱な空中線量も測定できるほどなので最近インスペクタープラスに買い替える方が増えてます。インスペクター+は米国S.E. International社製で国内からの発送です。保証期間内はもちろん保証期間外でも修理ができます。日本語取扱い説明書付きです。

 日本語マニュアル、本体、ケース、箱、電池は入っています。下記写真の校正証がついてます。

通常、食品内部のα線は測れないとされていますが、食品内部のプルトニウムなどのα線を測る方法、インスペクタープラスで食品などのベクレル/Kg(α線β線γ線)を測る方法のノウハウ小冊子も別途販売致します。

 
現時点でお役所の検査はγ線だけで、α線やβ線は無視していますが、γ線は体を突き抜けるので低線量のγ線の外部及び内部被ばくは実はたいしたことないんです。それに比べてプルトニウムなどのα線の内部被ばくは低線量でもDNAを破壊しガンになる確率がγ線の100倍もあるんです。


インスペクターセット一式
インスペクタープラス本体、ケース、化粧箱、日本語マニュアル、下記にある校正証明書がセットになっています。


上記写真は本体。操作も簡単、右下のスイッチを入れるとすぐ測定が開始されます。
当社にて9Vの電池を入れ、製品をチェックし、日本国内用としてすぐ使えるように設定し、出荷致します。

校正証明書
校正証明書。


オプション品(エクストリームブーツ、当社オリジナルステンレスプレート)販売致しております(こちらをクリック)。ブーツを装着したままα線とβ線をカットしγ線のみが測れます!(詳しくはお電話ください)返品交換は出来ませんのでご注意下さい。※注 製造時に多少擦り傷がついております。ご了承下さい。現在、エクストリームブーツを装着した状態で全体を入れる布袋と紙箱は付属しておりません。
インスペクタープラスブーツ付き
  
インスペクタープラスブーツ付き
エクストリームブーツは衝撃からの本体の保護、草むらなどでの使用で本体やセンサー部分が傷ついたり、汚染されるのを防ぎます。

エクストリームブーツ用ステンレスプレートの説明
エクストリームブーツを使用する場合には通常のワイプテストプレートですと、はめられずに使用できませんのでα線とβ線をカットしたγ線のみでの正確なマイクロシーベルトを出すことができません。
そこで、エクストリームブーツを使用しながら、α線、β線をカットしたγ線のみでの正確なマイクロシーベルトを出すには当社のこのステンレスプレートが必要です。通常のワイプテストプレートと同様にα線とβ線の遮蔽効果を得られます。

ブーツ用ステンレスプレート

左がブーツ用ステンレスプレート、中央がブーツにプレートをセットした状態、
右がセット済みのものを裏のセンサー部分から見た様子です。
当社のこのステンレスプレートは厚みがあるので曲がることはありません。また正確なγ線の値が出るように板厚を調整し、精度±0.01mmで作られています。
 返品交換は出来ませんのでご注意下さい。※注 製造時に多少擦り傷がついております。ご了承下さい。 本体とステンレスプレートだけでα線とβ線を遮断し、使用することも可能です。


インスペクタープラスでできること
  1. 表面汚染の検出と測定(現在問題になっているホットスポットの発見にも威力を発揮します。稲わらや牧草、腐葉土などの汚染も10秒〜30秒ほどで簡単にすぐ判ります、)
  2. 米、果物、野菜、牛肉、魚などの食品内部汚染、工業製品の汚染の検出と測定、プルトニウムやウラン等のα線、セシウムやストロンチウム等のβ線、γ線等。
    (微量の汚染を測るには別途放射線遮蔽用の鉛ブロックが必要です。電話でお問い合わせ下さい。)
  3. 環境汚染の調査
  4. 空中線量の測定
  5. 希ガスや他の低エネルギー放射性核種の検出
  6. 放射性核種実験室における被曝の監視
  7. 鉱石等の放射線測定
  8. 輸出入時の製品検査

インスペクターUSBについては下記仕様と異なります。

インスペクタープラス仕様
品名
インスペクタープラス(Inspector+)
表示
4桁表示液晶ディスプレイ(モード表示付き)
センサー部分
ハロゲンクエンチされたガイガーミュラーチューブ
有効直径:45mm、マイカウィンドウの密度:1.5-2.0mg/cm2
測定線種
α線、β線、γ線、X線
操作レンジ
mR/hr:0.001〜100.0
CPM:0〜350,000
合計:1〜9,999,000カウント
μSv/hr:0.01〜1,000
CPS:0〜5,000
アラートレンジ
mR/hr:0〜50
CPM:0〜160,000
測定制度
±15%
表示間隔
通常時3秒、バックグラウンド30秒
電源
9V形乾電池(006P型)×1
電池寿命
2160時間(標準バックグラウンド時)
動作環境
-10℃〜50℃
サイズ・重量
H150×W80×D30mm、273.4g(バッテリーを含む)

ご注文方法

電話、FAX、メールにて承ります。

電話:0 4 7 5 - 3 4 - 5 5 5 2
FAX:0 4 7 5 - 3 4 - 1 7 3 7
メール:○○○●ntt-i.net 注、○○○をsunに置き換えて、●はアットマークに置き換えてください

FAX、メールでお問い合わせまたはご注文のお客様は以下の内容を記入して送信してください。

・ご注文者様の住所、氏名、電話番号
・届け先の住所、氏名、電話番号
・ご注文個数
・商品名
・見積書が必要な場合はFAX番号、見積書の宛名もご記入下さい

お問い合わせまたはご注文を頂いた後、折り返し連絡をさせて頂きます。


お支払い・配送について

お支払いは銀行振込(ゆうちょ銀行)です。
基本的にクロネコヤマトの宅急便にて発送致します。
特殊な商品につき返品はできません。交換は初期不良のみに限らせて頂きます。

お振込先はこちら

会社概要及び特定商取引法に基づく表示

■運営業者:サンアロー通商株式会社
     :SUN ARROW TSUSHO INC.
■運営統括責任者:青 空 朝 助
■所在地及び連絡先(来店案内・アクセス、自社ビル外観
 〒299-4114 千葉県茂原市本納2 3 8 2 - 1 繊維産業アリスビル1F(JR外房線、本納駅徒歩1分)
 電話番号 0 4 7 5 - 3 4 - 5 5 5 2
 FAX番号 0 4 7 5 - 3 4 - 1 7 3 7
■概要
 会社法人等番号  0400-01-060004
 商号       サンアロー通商株式会社
 代表取締役    屋 良 朝 助
 法人設立     1995年 サンアロー通商株式会社
 資本金      1000万円
 発行済株式総数  200株
 発行可能株式総数 800株

■営業種目

  1. 高精度防犯カメラ遠隔録画システム、その他防犯設備
  2. 衣料用繊維製品及び衣料用付属品の企画、製造並びに輸出入
  3. 鞄、ベルト、財布等革製品及びネクタイ、スカーフ等服飾雑貨商品の企画、製造、販売並びに輸出入
  4. 飲料水、食料品等の海産物、農産物、林産物及びその加工品の売買並びに輸出入
  5. 電気機器、通信機器、教育用機器、事務用機器、スポーツ用機器、冷暖房設備、照明設備、厨房機器及び設備、住宅設備機器、家具及び室内装飾品、日用品雑貨、寝具、光学機器、ガラス器、陶磁器、喫煙具、植木、活花、造花の販売及び賃貸並びにその斡旋
  6. 企業経営コンサルタント
  7. 前各号に付帯する一切の事業

 ※ガイガーカウンターはネットHP(実店舗)販売や、オークションなどでの販売など盛んに行われていますが、注意が必要です。ネットからのガイガーカウンターの購入は代金を振り込む前に必ず業者の方と電話で連絡がとれるか確認し、疑問点を聞きましょう。相手を確認しないで前金を支払うのは何かあった時に連絡できずにどうしようもなくなることがあります。ネットHP販売の場合、後で問題になる業者は電話をHP上に堂々と表示してない場合が多いと思います(当社担当者の失敗談)。


放射線等に関する情報

放射能の危険性
外部被曝と内部被曝の違い
ガイガーカウンター比較 ※※※ ガイガーカウンターの購入を考えている方に対しての情報です ※※※
ガイガーカウンター52機種比較一覧
youtube inspector+で検索してみました
放射能値計測。INSPECTOR+は、素早っ。(ブログ)
プルトニウムは空を飛ぶ (当たり前ですが)
「プルトニウム」の検索結果
「プルトニウム 東京」の検索結果
「ストロンチウム 東京」の検索結果
「コバルト60 福島」の検索結果
「セシウム 東京」の検索結果
ストロンチウム含有量が多い可能性のある食品 - 東京の娘たちへの覚書
土壌から米ソ核実験の100倍の値−東京電力がストロンチウム検出を発表、海水からは初検出
ストロンチウム90の海産物汚染に無策な日本政府。 細野豪志首相補佐官の「約束」に期待したい
ストロンチウム 東京の小学生、福島産の野菜入り給食くって30年後にガン確定
[動画]RCサクセション サマータイムブルース〜LOVE ME TENDER
[動画]「エネルギー問題」編 未来バンク事業組合理事長 田中 優 氏
[動画]『原子力エネルギーと別れ豊かに暮らす仕組み作り01』

放射線情報ホームページ、新聞、週刊誌等重要情報の切り抜き他リンクなどはこちらをクリック

資料:放射能についての基本事項とウラン238の完全な崩壊系列表
   福島原発から地下水にダダ漏れ 猛毒ストロンチウム
   孫正義氏、小出裕章氏らが懸念を示す「本当の放射線量」
   ライブカメラに映し出された“異変”
   放射性物質 一体いくつあって何が危ないのか
   放射線汚染食「食べてはいけない」全リスト
   注意すべき魚介類
   人口29万福島市内が危ない
   佐野眞一が書く福島第一原発の罪と罰(前編)
   佐野眞一が書く福島第一原発の罪と罰(後編)
   「福島」の漁船が取っても「千葉県産」 不条理カツオが出回る理由
   福島住民15人の内部被曝判明
   放射能減らせ 徹底洗浄
   自衛手段に走る主婦たちの想像を絶する日常生活
   山本化学工業 山本富造社長 今度はガンマ線遮蔽素材を開発
   都内170カ所で放射線量を測ってみた
   家庭ゴミからセシウム
   放射線汚泥肥料 人体への影響を専門家が警告
   今年の海水浴は大丈夫か
   首都圏壊滅の可能性もあるフクシマの恐怖
   甲状腺微量被ばく45%
   “除染マップ”福島県作製へ
   放射性物質含む汚泥 肥料化OKに懸念


当社担当者からのコメント

福島原発事故以来放射能の健康への被害が心配されるところですが、政府や東電の情報は後出しで、発表される頃には「今頃もう遅い!もう食べちゃったよ」、「もうその時の汚染した空気吸っちゃったよ!」「早く言えよ!」と怒りの声も多い。

しかも政府、東電や公共機関のデータにはプルトニウムやウラン等が発する放射線「α線」は含まれていません。このことは下記資料にもありますが、ソフトバンクの孫正義氏も指摘しています。

政府や東電の発表は当初、プルトニウム等は拡散していないかのような発表ですが、最近プルトニウムやストロンチウム等の強い毒性放射性元素が東北・関東一円に拡散していることが分かってきました。微量ながら関西にも飛散しているとのこと。

当方でもインスペクタープラス(inspector+)で測定の結果、雨樋の末端部分でα線が0.3マイクロシーベルト、β線とγ線が0.6マイクロシーベルトありました。つまりα線を出すプルトニウムやウラン等が全体の3分の1拡散しているのではないか?ということです。

ガイガーカウンターをある県の学校で8000個配ったとかいうニュースもありますが、α線も測れるガイガーカウンターでないと半分意味がない。特に子供は放射能に対する感度が大人の何倍も強い。

家庭の健康を守る主婦は「放射能の外部被曝と内部被曝にも注意が必要」という新しい仕事が増えたのです。

公共機関などが発表する本格的な食物の放射能汚染調査は手間がかかる。ネット上で「家庭でのガイガーカウンター利用は無意味」という人もいるが、市販の検出窓が小さいガイガーカウンターでは食物表面の汚染検査は難しいがこのインスペクター+は検出窓が大きく高感度なので、少し強い放射線はすぐ検出できます。

試しに乾燥昆布やとろろ昆布をはかってみると0.2〜0.3マイクロシーベルトあり(周囲の放射線込みの値なので実際はもっと低い)すぐに検出できた。但し昆布には通常、自然界にある放射性物質カリウム40というのが含まれていてそれが反応するということ。昆布は北の海で取れるもので、そこは旧ソ連の原潜が汚染水をかなり放出したとも言われているので、食べていいものか悩んでしまう。

どんぶりなど磁器類も実質0.1〜0.2マイクロシーベルト程度放射線を発しているのでどんぶりの中に物を入れて測ると正確に測れないので注意が必要です。

ホットスポットなどといって1メートル違えば強い放射線の場所があったりする。同じ畑だって、吹きだまり的な場所や排水溝的な場所で高い測定値があり得るかもしれない。偶然手に取った野菜が測定値が高いかも知れない。ワァ〜、、、ノイローゼになりそうですね。でも家庭を守るためにはあくまでも冷静に行動しなければなりません。ノイローゼになってる場合じゃないんです。

ところで噂や不安は尽きないですが、放射性物質が含まれる食品類を冷凍しておいて、ほとぼりが冷める頃に出荷すればよい、などとあってはならない噂まで出る始末で、放射性物質が加工食品に紛れ込んでいる可能性もあり、産地偽装(噂ですがすでに出ています)の恐れなどもあり、まったく油断できません。

注意が必要なのは食品だけではありません。中古車や工業製品、建材などあらゆる物に強い放射性物質がまぎれ込む可能性もあり、この場合、ずっと外部被曝することになり注意が必要です。そういう意味でも高性能の線量計(ガイガーカウンター)を常備する必要が出て来ました。

あと主婦にやってほしいのが放射線量日記です、例えば窓際で朝昼晩10分間程度カウントを測って記録する。万一何らかの原発事故などで放射線量が増えた場合、公ですぐ発表していなくても、異常が分かりすぐ対策を考えることができます。自分の身は自分で守る時代がやってきたのです。



アドバイス:相場価格全般などを見る際のポイント

リンク:東京での食品の放射線測定所
リンク:千葉での食品の放射線測定所
リンク:茨城での食品の放射線測定所
リンク:沖縄での食品の放射線測定所


略地図  サンアロー外観
 サンアロー通商株式会社 自社ビル外観
 来店案内・アクセス 詳しくはこちら



▲ページのトップへ戻る