「400年を問う会」発足記念論集

『薩摩支配400年琉球処分130年を問う』

「問う会」発足記念論集 定価980円(税込み)

  安里英子・安仁屋真孝・石垣金星・海勢頭豊・太田武二・大村博
  川満信一・金城実・下地和宏・高良勉・渡久地昇永・比嘉康文
  福地曠昭・前利潔・真喜志好一・まよなかしんや・宮城鷹夫・屋良朝助


【目次】

◎島から
 沖縄島――「薩摩侵略四〇〇年」と琉球史――――――川満  信一
 沖縄島――琉球問題四〇〇年――――――――――――高良   勉
 宮 古――宮古から見えるもの―――――――――――下地  和宏
 八重山――四〇〇年目の西表島近況―――――――――石垣  金星
 奄 美――復帰運動と琉球侵略、琉球処分――――――前利   潔

◎未来への遺産
 アメリカの背中――――――――――――――――――川満  信一
 多数決では行わない民主主義へ―――――――――――真喜志 好一
 島津軍が最初に上陸した古宇利島――――――――――比嘉  康文
 未来への遺産――琉球共和国独立への文化論的思案――金城   実
 国家権力に翻弄された沖縄―――――――――――――福地  曠昭

◎精神文化
 「世直しの歌」のヤマト処分――――――――――――海勢頭  豊
 薩摩侵略と琉球の祭司の変容――――――――――――安里  英子

◎沖縄戦から問う〈支配〉と〈処分〉
 あの戦争を繰り返さないために―――――――――――渡久地 昇永
 「薩摩支配四〇〇年〜」と「平和ガイド」――――――安仁屋 真孝

◎自決権
 琉球民族の自決権について―――――――――――――大村   博
 台湾の中の「沖縄」と独自性――――――――――――宮城  鷹夫
 琉球独立党と野底武彦と私―――――――――――――屋良  朝助
 朝のこない夜はない――――――――――――――――まよなかしんや
 独立平和村へ―――――――――――――――――――太田  武二

◎付録
 薩摩軍の奄美・琉球の侵略コース
 琉球・沖縄史年表
 「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問う会」規約


お求めは『薩摩支配400年 琉球処分130年を問う』記念論集、希望と書いて、下記へ80円切手14枚を同封し郵送して下さい。(日本国内、発送手数料込みです)

 〒901-2214 宜野湾市我如古4-16-15
「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問う会」事務局 比嘉康文
 電話&FAX098-897-0928